アレグラジェネリックの通販情報、花粉症への効果・口コミまとめ【完全版】

 

日本で承認されているアレグラと同じ有効成分を含む「フェクサディン」

 

比較的副作用が少ないことでも人気の花粉症の味方

 

アレグラジェネリック

 

 

アレグラジェネリックの通販はオオサカ堂を推したい理由
  • 20年以上続く輸入代行サイト、メーカー正規品保証、薬剤師も関わっているサイトなので信頼度が高い。
  • 日本で販売されているアレグラより安い、コストを大きく抑えられる。
  • 錠剤を割るためのピルカッターや高性能マスクとのセット販売もある(マスクとのセット販売はピルカッターがつかないので注意)
  • 全国どこでも送料無料、製品以外にお金がかからない。
  • プライバシー考慮のため、配送物に商品名などの記載もない。

 

 

アレグラの花粉症への効果、花粉症に良い理由

 

森

 

冬から春にかけての季節に、花粉症の症状で悩まされている方は多いと思います。鼻が詰まって鼻水が出たり目がかゆくなったりと、花粉症は辛い症状がたくさん出ます。

 

この花粉症の症状を対策したい方には、内服薬のアレグラがおすすめです。

 

アレグラは病院で処方してもらうことの多い医薬品で、下記のようなアレルギー症状を抑える効果があります。

 

  • 鼻水
  • くしゃみ
  • 湿疹
  • かゆみ

 

花粉症に効く薬の中でもアレグラは最も有名で、2016年には売上ナンバーワンを記録しました。

 

なぜアレグラを服用すると鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状が和らぐのか、効果やメカニズムについて見ていきましょう。

 

  1. 花粉症などのアレルギーは異物への免疫反応が過剰になって引き起こされる
  2. 花粉が体内に入り込んでタンパク質のIgEと結合すると、肥満細胞(マスト細胞)に変化する
  3. 生体内物質のヒスタミンが放出されて鼻水やくしゃみなどの症状が出る
  4. アレグラを服用すると体内に主成分のフェキソフェナジン塩酸塩を取り入れられる
  5. ヒスタミンの作用を低下させたり炎症関連物質(ケミカルメディエーター)を放出しにくくしたりといった効果を持つ
  6. その結果、鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状が改善される

 

アレグラはフェキソフェナジン塩酸塩の作用でヒスタミンの効果を抑えて花粉症やアレルギー性鼻炎を和らげる薬ですので、「抗ヒスタミン薬」に分類されます。花粉症の治療として服用する方が多いものの、アレグラは湿疹や蕁麻疹、アトピー性皮膚炎のそう痒にも効果的です。

 

 

他の花粉症対策とは違うアレグラのメリット

 

くしゃみ

 

花粉症の症状を和らげるヒスタミン薬は、薬局やドラッグストアでたくさん販売されています。

 

「どの医薬品を服用すれば良いの?」と迷っている方のために、以下では他の薬とは違うアレグラのメリットをまとめてみました。

 

  • 1日に2回に渡る服用で24時間しっかりと効く
  • 眠くなりにくいので日常生活に支障が出ない
  • 集中力が低下しにくいので仕事中でも安心
  • 胃への刺激が弱いので空腹時でも服用できる

 

どの抗ヒスタミン薬も、花粉症の症状を和らげる効果やメカニズムは基本的に一緒です。

 

しかし、アレグラは効果の高さに加えて眠気や集中力の低下といった症状が引き起こされにくいため、花粉症のお薬として高い人気を誇っています。

 

 

アレグラを服用する前に知っておいてほしい注意点

 

知識

 

アレグラはサプリメントではなく内服薬ですので、飲み始める前に正しい知識を得ておかないといけません。

 

ここではアレグラを服用する前に押さえておきたい注意点をいくつか紹介していますので、一度目を通しておいてください。

 

アレグラの副作用のリスクとは

 

アレグラはアレルギー症状を抑える効果がマイルドな代わりに、安全性が非常に高くなっています。

 

しかし、そんなアレグラにも副作用のリスクがありますので、どのような症状が引き起こされやすいのか見ていきましょう。

 

  • 主な副作用:「頭痛」「眠気」「めまい」「倦怠感」「疲労」「不眠」「神経過敏」「吐き気」「嘔吐」「口の渇き」
  • 重大な副作用:「白血球減少」「γ-GTP上昇」「アナフィラキシー」「血圧低下」「肝機能障害」「呼吸困難」「血管浮腫」
  • その他の副作用:「消化不良」「睡眠障害」「便秘」「下痢」「排尿困難」「しびれ感」「血圧上昇」「動悸」「月経異常」

 

重篤な副作用で悩まされるリスクは低いものの、アレグラの服用で身体がちょっと変だなと感じた時は、早めに病院の専門医に相談すべきです。

 

 

アレグラを服用してはいけない人の特徴

 

子供

 

下記に該当する人は、アレグラの服用を控える必要があります。

 

  • 15才未満の小児(アレグラを服用してはいけない)
  • 以前に主成分のフェキソフェナジン塩酸塩でアレルギーを起こしたことがある
  • 他のアレルギー用薬や抗ヒスタミン剤を服用している
  • 車の運転など危険な機械を操作する予定がある場合

 

また、絶対に飲んではいけないわけではありませんが、「医師の治療を受けている」「アレルギー疾患の診断を受けたことがある」「鼻づまりの症状が強い」「妊婦または妊娠していると思われる」といった人は、アレグラの服用前に医師や薬剤師に相談しましょう。

 

これらの条件はジェネリックのフェクサディンでも同様です。

 

アレグラの効果を感じるための正しい飲み方

 

水

 

アレグラで花粉症の症状を和らげる効果をしっかりと感じたいのであれば、正しい飲み方で継続する必要があります。

 

お薬は飲み方で効果や効能が変わりますので、アレグラの正しい飲み方をチェックしておきましょう。

 

  • アレグラを服用できるのは成人(15才以上)で、1回1錠、1日2回を守る
  • 朝夕のタイミングで錠剤を水やぬるま湯で服用する
  • 空腹時のタイミングで服用すると、血中濃度が高まって効果を実感しやすくなる
  • 花粉の量が増える前からお薬を飲み始める
  • アレグラジェネリックの場合はピルカッターなどで割って服用する。60mgが理想

 

アレグラの中に入っている有効成分のフェキソフェナジン塩酸塩が体内に吸収されると、ヒスタミンの作用が低下して花粉症の症状が和らいでいきます。そのため、有効成分の吸収率を高める目的で空腹時のタイミングにアレグラを服用するのは実に効果的です。

 

 

アレグラジェネリックのフェクサディンについて、アレグラと何が違うのか

 

違い

 

フェクサディンはアレグラよりも価格が抑えられたジェネリック医薬品です。

 

ジェネリックは新薬の先発医薬品が開発された後に、厚生労働省の認可を得て製造販売される同じ成分が含有されたお薬のことです。規定の試験で効果の同等性や安全性が認められていますので、ジェネリック医薬品も先発医薬品と同じ作用が期待できると考えてOKです。

 

このページで紹介している花粉症の薬のアレグラも、ジェネリックのフェクサディン(Fexadyne)があります。

 

アレグラジェネリックのフェクサディンにどのような特徴があるのか見ていきましょう。

 

  • 先発医薬品のアレグラと同じ有効成分のフェキソフェナジン塩酸塩を含んでいる
  • ヒスタミンの作用を抑えて、「鼻水」「くしゃみ」「湿疹」「かゆみ」などのアレルギー症状を緩和できる
  • 第一世代の抗ヒスタミン薬と比較してみると、第二世代のフェクサディンは副作用のリスクが低い

 

アレグラジェネリック(フェクサディン)にも同じ有効成分が入っているため、アレグラと同等の効果が期待できます。しかも、ジェネリック医薬品は先発医薬品よりも安い価格で販売されていますので、金銭的な負担を抑えて花粉症の対策ができるのが魅力です。

 

アレグラとアレグラジェネリック(フェクサディン)の価格がどの程度違うのかまとめてみました。

 

120mg20錠×3箱の場合
  • アレグラ:60mg当たり約23円
  • フェクサディン:60mg当たり約17円

 

180mg20錠×3箱の場合
  • アレグラ:60mg当たり約17円
  • フェクサディン:60mg当たり約13円

 

日本で販売されているアレグラは60mgあたり約65円前後のものもあるので注意しましょう。

 

個人輸入代行サイトのオオサカ堂では安い価格でアレグラジェネリック(フェクサディン)を購入できますので、花粉症の症状で悩んでいる方は一度服用してみてください。

 

 

アレグラジェネリック(フェクサディン)の口コミや評判まとめ?

 

綺麗な景色

 

アレグラジェネリック(フェクサディン)は、正規品のアレグラと同じ効果が期待できます。

 

実際にアレグラジェネリック(フェクサディン)を服用した人の口コミや評判を紹介していますので、花粉症で悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

アレグラジェネリックの良い口コミや評判

 

アレグラジェネリックを選んだのは、アレジオンが全く効かなかったからです。私は重度の花粉症ですが、アレグラジェネリックのお陰で症状がスーっと引いています。お陰様で3月や4月の辛い時期も、仕事に集中して取り組むことができました。

 

花粉症に最強の薬はないみたいですが、私の体質にはアレグラジェネリックが合っていました。花粉が飛散する前から飲んでいたこともあって、鼻の不快な症状は気になりません。有効成分のフェクサディンは眠くなりにくいので、寝る前以外のタイミングでも服用できます。

 

国内で処方販売されているアレグラとアレグラジェネリックは全く一緒です。ピルカッターで半分に割って飲む必要があるのがちょっと面倒ですが、価格の安さを考えればお得なのではないでしょうか。今後は毎年アレグラジェネリックを服用するつもりでいます。

 

ピルカッターで2分割し、毎朝1回の頻度でアレグラジェネリックを服用しています。私が一番に感じた効果は鼻詰まりの改善で、点鼻薬の使用量が4分の1程度まで減りました。アレグラジェネリックさえあれば、花粉症の季節を快適に乗り越えることができています。

 

病院に行って処方してもらう時間や薬代を考えると、アレグラジェネリックが良いですね。正規品と変わらない効果の有効成分ですので、そこまで花粉症の症状が酷くなければ和らぎます。第1世代の薬と比べて効果はマイルドみたいですが、私には十分すぎる効き目でした。

 

 

アレグラジェネリックの悪い口コミや評判

 

アレグラよりも安い医薬品が欲しかったので、インターネットでフェクサディンを購入しました。アレグラのジェネリック医薬品なので、同じように花粉症の症状を和らげることができるみたいですね。しかし、いくら飲んでも鼻水や目のかゆみはおさまらないため、このままアレグラジェネリックを服用して良いのか不安になります。

 

アレグラジェネリックは花粉症の薬としては十分に満足しています。しかし、個人輸入で購入する際は3週間前後の期間を見た方が良いですね。自分が悪いのは分かっていますが、お薬が届くまでに時間がかかってアレグラジェネリックの服用が遅れてしまいました。

 

そこまで副作用はないと言っても、やはり若干眠くなる。アレグラでもよく出る症状なのでこればかりはどうしようもない。

 

 

アレグラジェネリックの通販情報まとめ、最後にココだけはチェック

 

笑顔

 

アレグラのジェネリックは非常に購入者・リピーターも多い人気の抗ヒスタミン薬です。

 

ただ、購入するサイトによってはかなり割高になってしまうので注意してください。

 

アレグラジェネリック通販まとめ、最後に復習
  • アレグラジェネック通販はオオサカ堂がおすすめ、正規品・低価格・送料無料
  • 副作用は比較的少ない方だが、絶対に用法・用量を守るように1回60mg、1日2回
  • オオサカ堂では180mg、120mgのものがそれぞれ販売されている。ピルケースなどで割って服用するのを忘れずに。
  • 微細なほこりや花粉をガード、呼吸が楽にできる高性能マスクとのセット販売もされている。ただ、マスクとのセット販売はピルケースが特典にならない。

 

 

 

 

 

TOPへ